ドッグフードの与え方

ドッグフードに混ぜた薬を残す

病院からせっかくもらってきた薬を、食事に混ぜても残すhttp://www.timberandmore.com/medicine.html子は本当に多いです。
飲んでもらわないことには、良くならない・予防にならないというのに…。
 
本来であれば、薬は薬だけで飲ませるのが理想的です。

  1. 上の犬歯と、大きな奥歯の間に指を入れて上顎を包むように唇ごと持って開けます。
  2. 口が開いたら、錠剤を舌のなるべく奥に置く。
  3. 口を閉じて軽く押さえ、喉をさすって、できればやさしく声をかけてあげるといいでしょう。
  4. ごっくん、と飲み込む喉の動きを確認して、口の中を覗いて薬がなかったら完了です。

しかし大抵の子は、口を開けるところで問題が起こります。
バタバタ暴れたり、うなったりされてしまうわけです。
ここで無理をして怪我をさせたり、飼い主さんが怪我をしたりする事態は避けたいので、ダメだなと思ったら諦めたほうがいいでしょう。

そこで、食事に混ぜる、ということになるのですが、それでも残してしまう子はいます。
さあどうしましょう、と、そこで頭を悩ませるわけですが、簡単なのはウェットフードに混ぜてしまう方法です。
錠剤であれば砕いて小さくすると混ぜやすいです。
しっかりウェットドッグフードに混ぜ合わせてください。
それでも、敏感な子は匂いやちょっとした味の違いで残してしまいます。
その時は、犬用チーズや柔らかいジャーキー、茹でた鳥のササミなどを準備します。
愛犬の一口大サイズにしてから、チーズなどの食材を半分から開きその間に薬を挟みます。
粉薬は散らばらないように気をつけながら中心に注ぎます。
ゆっくり気をつけて挟んでいきますが、この時に、包んだ外側に錠剤や粉薬の一部が出てしまわないように気をつけましょう。
ここまでする子は、とても薬の匂いや味に敏感な子なので、念には念を入れておいて入れすぎることはありません。

そして、とても楽しそうにそれを愛犬に見せ、欲しがったところを口に入れてあげます。
あげるときに、楽しそうにするのがポイントですが、あまりいつもと違うテンションで飼い主さんがいると、逆に怪しまれることもあるので、愛犬に合わせた対応をしてあげてください。
食べた後は、しっかり褒めてあげましょう。
そうすることで、次の時も楽しく薬入りのチーズやささみを食べてくれることと思います。

ページのトップへ戻る